+a+ はじまりの一音

PAS中心PBM関係の日記です。 更新はのんびりまったりになる可能性大。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

テイル到着報告

昨日到着してたんですけどね。

と言うことで第一回O1リード『笑う航路』
日高成介テラー・藤岡直樹テラー・淵上哲也テラーの共著でした。
8ページでPC22人NPC6人です。

初回から三人共著とは…いやはや。
きっと初回だけだと信じてますよ!

舞台はヴェストヘルムから出航した豪華客船『ハーベストホーン号』で、
碑戯王と冒険者と歌守達が集められての
『ドキっ!陰謀まみれの秘境探索ツアー!ぽろりもあるよ!』
…みたいな感じでした(違う)

船内で貴族や金持ち連中の陰謀が渦巻いている様中、
碑戯板に消えた使用人、殺人未遂事件が起こればに幽霊騒ぎも起こる。
そんな中に現れる海賊、逃げれば魔の海に直行…とてんやわんやです。

我が家のリアルと親友さんはNPCアンフィフィロン教授の護衛をやってました。
世界図書館のことを知っているという教授の事を知って、
カッパークラスの護衛として雇われている様です。
因みに手柄を立てたり再試験を受けたりすればランクアップ可能だとか。

教授は詩とルーンの研究家とかで、世界図書館も見たことがあるとか。
誰も見たことのない世界図書館じゃなかったのかとか言うツッコミはさておき、
ちょっとぼけたお茶目な爺様です。

正直世界図書館は誰も見たことがない!というのが心惹かれていたので、大分興醒め感はあるのですが、
それよりもこの教授…お爺ちゃん…素敵です(笑)

教授がうっかり警備中に殺害されそうになってしまったので、
ちょっと面目が立たないですね。
どう考えてもストーリー上の都合ですが(爆)


O1は事前情報より雰囲気が良かったので、
もうちょっと残留して頑張ってみようかなと思います。
求めていた遺跡探索ファンタジーとはちょっと違いますが、
大航海時代好きですし、良いとします(笑)

リアルの描写自体は結構満足でした。
台詞は四つ…か三つ位?口調も一人称も殆どそのままですし。
このままOで続けるなら教授絡みで動いていくんだと思います。


因みに余談ですが。
PC22人中 紋様使い7人武装者5人でした。
…紋様使い多…!
召喚師にでもしておけば良かったと心底思いました(笑)
ルルカ辺りが使い勝手良かったと思いますが、
誰が大航海リードに飛ぶと予想しましたか……!(笑)

同じ技能持ちが多いと技能勝負では埋没してしまうので、
一ひねりを加えないとなんですよね…。
頑張らねば。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/20(水) 09:08:37|
  2. ロマンシングブレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今から。 | ホーム | テイルは未到着です。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ition.blog6.fc2.com/tb.php/20-c03d5046
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。